本文を読み飛ばす

第7回元素戦略に基づいた触媒設計シンポジウム

お知らせ

2019-12-12
参加申込を締め切りました.定員に達したため当日受付はございません.ご了承下さい.
2019-10-10
Web 参加申込を開始しました.
2019-09-20
プログラムを公開しました.Web 申込開始まで今しばらくお待ちください.
2019-09-01
Web ページを公開しました.

開催趣旨

触媒には活性成分として貴金属が頻繁に使用されており、希少元素の存在なくしては触媒化学の発展は有り得ませんでした。我が国は希少元素のほとんどを輸入に頼っており、これまで希少元素の省資源化や汎用元素による代替化に関する研究は多く行われてきました。本講演会では元素戦略に基づいた触媒設計に焦点を当てて、関連の研究者に最新の研究成果についてわかりやすくご講演いただきます。

概要

主催
触媒学会(元素戦略研究会)
共催
京都大学 ESICB
協賛
日本化学会,石油学会,日本エネルギー学会,触媒学会・環境触媒研究会,近畿化学協会,ポスト「京」重点課題(5) (依頼中を含む)
日時
2019年12月17日(火)
会場
首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス(秋葉原ダイビル1202号室)
申込締切
未定
会費
一般参加 5000円,学生 2000円
懇親会
4000円(講演終了後、会場近辺で開催予定)

参加申込

参加申込は終了しました.

プログラム

10:00-10:50
神内 直人先生(大阪大学)「環境制御型透過電子顕微鏡による触媒活性構造のその場観察」
10:50-11:40
大越 昌樹先生(兵庫県立大学)「理論化学シミュレーションによる触媒と電池の元素戦略研究」
11:40-13:10
昼休憩
13:10-14:00
高垣 敦先生(九州大学)「窒化ホウ素の有する特異的触媒作用(仮題)」
14:00-14:50
長岡 修平先生(ジョンソン・マッセイ・ジャパン)「Emission Control Research and Catalyst Development through Open Innovation Activities」
15:10-16:00
陰山 洋先生(京都大学)「複合アニオンのチカラ」
16:00-16:50
大西 洋先生(神戸大学)「走査プローブ顕微鏡による固液界面のピコニュートン力学計測」

戻る