logo_top

第123回触媒討論会の概要

  • 第123回触媒討論会では、特別講演・口頭発表(B1講演、B2講演)・ポスター発表を開催いたします。
  • 今回の触媒討論会では、初日の3月22日に神谷 信夫 教授(大阪市立大学複合先端研究機構・大学院理学研究科)をお招きし、特別講演『光合成で働く光化学系II・酸素発生クラスターの構造とMn原子の価数』を行っていただくことになりました。多くの方々のご参加をお待ちしております。
  • 第123回触媒討論会では、特別シンポジウムを開催します。今回のテーマは『アンモニア合成、利用技術の持続的発展と革新』および『自動車触媒の研究開発における産学連携を考える』です。皆様の積極的なご参加をお願いいたします。
  • 討論会期間中に「キャット・ケム実験室ミニシンポジウム2018」を開催します。
  • 大阪市内の宿泊施設が大変混みあうことが予想されますので、お早めに予約されることをお勧めします。
  • 本会正会員で講演時に満40才以下のB1講演者を対象に第123回触媒討論会・優秀講演賞
    学生会員のB1講演者を対象に第123回触媒討論会・学生優秀講演賞
    ポスター発表には学生会員を対象に第123回触媒討論会・学生ポスター発表賞を設定します。
    ※優秀講演賞および学生優秀講演賞については、既受賞者は選考対象となりません。

新着情報

2019/2/13
企業広告を更新しました。会場略図、会場詳細図を更新しました。
2019/1/16
企業展示、広告、ランチョンセミナーの募集案内を追加しました。
2018/12/18
特別シンポジウム、キャット・ケム実験室ミニシンポジウム2018のお知らせを追加しました。
2018/12/12
特別講演の講師、タイトルが決定しました。
2018/12/12
祝:本ウェブサイトがオープンしました。