会員マイページ 入会案内 会告 触媒討論会 触媒on the web 触媒学会のイベント キャタリシス パーク 触媒に関する解説 Q&Aコーナー TOCAT 日本化学連合

企画・教育委員会

触媒に関係する研究者、技術者の教育・育成、触媒に対する社会の理解増進、触媒化学の学術・技術に関わる企画・戦略推進ならびにこれに関連する事業の推進を目的としています。 業務としては、(1)触媒化学の教育および学術・技術に関する全体計画の立案・調整、(2)教育・学術・技術に関する事業の実行委員会の組織化と、事業の企画・運営、(3)「若手の会」の支援・指導、 (4)「普及啓発小委員会」の支援・指導などがあります。



平成29年度委員名簿(五十音順)

〔委員長〕

福岡  淳 (北海道大)

〔幹事〕

関根  泰 (早稲田大)
堂坂 健児 (本田技研工業)

〔委 員〕

伊藤 宏行 (エヌ・イー ケムキャット)
小河 脩平 (早稲田大)
鎌田 慶吾 (東京工業大)
亀川  孝 (岩手大)
高瀬  舞 (室蘭工業大)
竹口 竜哉 (岩手大)
東本 慎也 (大阪工業大)
松橋 博美 (北海道教育大)



企画・教育委員会規程

1.目 的

触媒に関係する研究者、技術者の教育・育成、触媒に対する社会の理解増進、触媒化学の学術・技術に関わる企画・戦略推進ならびにこれに関連する事業の推進を目的とする。

2. 業 務

(1) 触媒化学の教育および学術・技術に関する全体計画の立案・調整
(2) 教育・学術・技術に関する事業の実行委員会の組織化と、事業の企画・運営
(3) 「若手の会」の支援・指導
(4) 「普及啓発小委員会」の支援・指導
(5) 研究会の新設・改廃に関する方針の立案と、新設・改廃の決定
(6) 企画・教育委員会に関わる表彰の実施
(7) その他、触媒化学の教育・学術・技術に関わる戦略推進に関する事項

3.構 成

委員会は委員長1名、幹事2名、委員若干名をもって構成する。委員長は学側副会長、幹事は教育担当理事および企画担当理事をもってあてる。

4. 委員の任期

(1) 委員長の任期は1年とする。また、1年に限り再任を妨げない。
(2) 幹事および委員の任期は2年とする。また、留任を妨げない。


(平成24年9月23日理事会承認)