会員マイページ 入会案内 会告 触媒討論会 触媒on the web 触媒学会のイベント キャタリシス パーク 触媒に関する解説 Q&Aコーナー TOCAT 日本化学連合

国際交流委員会

触媒研究における国際的協力の推進を図るために企画、立案することを目的としています。 業務としては、(1)国際触媒会議との連携、(2)国際交流に関する計画および準備、(3)来日する学者を学会として受け入れることの決定などがあります。



平成29年度委員名簿(五十音順)

〔委員長〕

冨重 圭一 (東北大)

〔委 員〕

天尾  豊 (大阪市立大)
上田  渉 (神奈川大)
江口 浩一 (京都大)
岡崎 文保 (北見工業大)
薩摩  篤 (名古屋大)
関根  泰 (早稲田大)
辰巳  敬 (製品評価技術基盤機構)
田中 庸裕 (京都大)
堂免 一成 (東京大)
野村 琴広 (首都大東京)
濱川  聡 (産総研)
福岡  淳 (北海道大)
村松 淳司 (東北大)
室井 高城 (早稲田大)
山下 弘巳 (大阪大)



国際交流委員会規程

1.目 的

触媒研究における国際的協力の推進を図るために企画、立案することを目的とする。

2. 業 務

(1) 国際触媒会議との連携
(2) 国際交流に関する計画および準備
(3) 来日する学者を学会として受け入れることの決定
(4) 討論会の開催に当たり、実行委員会を設置し、業務の一部を委任することができる。
(5) その他

3.構 成

委員会は委員長1名、支部担当理事3名および国際会議担当者各1名を含む委員若干名をもって構成する。委員長は国際交流担当理事をもってあてる。

4. 委員の任期

(1) 委員長の任期は2年とする。また、1年に限り再任を妨げない。
(2) 幹事および委員の任期は2年とする。また、再任を妨げない。
(3) 国際会議担当委員の任期は、別に定める。

5. 附則

委員会の下に、TOCAT部会、日韓シンポジウム部会を置くことができる。


(平成24年9月23日理事会承認)